_MG_9736.jpg

Message.

はじめまして。

フードコーディネーターのかとうなみです。

 

わたしの仕事はまず話をすること。

意外かもしれませんが、なによりもヒアリングが欠かせません。

クライアントの現状を知り、問題点を探り、未来を見つめて。

 

まだそこにないもののイメージを共有するために、

共通イメージをすくってすくって、よせ集めて。

 

情熱を燃やすにたるチャレンジがあり、ユニークな人々に囲まれて。

もうそれだけで、楽しい予感でワクワクしてきます。

_BTN8695.jpg

つくるひとと

食べるひとの

つなぎ役として

Vision.

_BTN3570.jpg

わたしの仕事は、たとえるなら大縄跳びのようなもの。

みんなで息を合わせて、足並みそろえてジャンプする、あれです。

 

クライアントが掲げる目標に向かって、1人で挑戦することもありますが、

ほとんどの場合が「お嬢さん、お入んなさい♪」と、いろんな人を巻き込みながら。

 

おもしろいこと、

楽しいことに全力で

Works.

Service.

_BTN7548.jpg

 01. 
撮影現場で料理をつくり、
盛り付けてコーディネート

お皿やクロス、小物などをそろえてテーブル全体をコーディネート。広告する食材を使った料理の提案、調理など。どうしたら料理がおいしそうに見えるかを考えながら、場合によってはディレクションも行います。

Shop.

いくつになってもチャレンジできる――。

 

楽しく、おもしろい経験を重ねながら思うのは、

長崎には季節ごとにゆたかな食材があり、

そして新たなトレンドをつくろうと情熱を傾ける

つくり手さんがたくさんいるということ。

 

その間にちょっとおじゃましながら、

「いまの自分ができることをカタチにできたら」。

そんな思いから、新しいブランドを立ち上げました。

 

その名もencore(=アンコール)。

 

長崎くんちの最高の掛け声「モッテコ~イ」と同じ意味。

とても名誉あることばを拝借して。

 

イメージしたのはセレクトショップみたいな感じ。

だけど既存のモノを選んで並べるんじゃなくて、

日本全国、いや世界中のユニークなつくり手さんと一緒に

オリジナル商品をつくりあげることを楽しみながら。

 

食べられるものも、食べられないものも。

 

「こんなのあったらいいなぁ」っていう自分視点を大切に

すてきなコレクションを増やしていきたいと思っています。

 

「もう1回」と、encoreしたくなりますように。

encore_rogo.png

Studio.

_BTN7886.jpg

2019年に撮影スタジオ「n.food」を開設。コンセプトは「わたしのヒミツ基地」。やわらかな自然光が差し込むなか、楽しみながらも撮影がはかどるよう心地よい雰囲気に。ホワイトボード完備で、セミナースペースとしても利用できます。